ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
ひなぎく
ひなぎく

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
DVD
かたつもり/天、見たけ/陽は傾ぶき



『かたつもり』


かたつもり/天、見たけ/陽は傾ぶき

河瀬直美
imageF twitter
3,800円(税抜)/獲得ポイント:114/発送日数:5日以内/商品番号:1070

ショッピングカートに入れる
送料・お届け等についてはこちら
ポイントシステムについてはこちら
『につつまれて』の河瀬直美監督が、家族とは何か、血縁とは何かを掘り下げたドキュメンタリー3部作。
養母であるおばあちゃんの日常の一コマ一コマを、8ミリカメラで至近距離から映し出した『かたつもり』ほか、「天、見たけ」「陽は傾ぶき」を収録。

監督・脚本・撮影・出演:河瀬直美/出演:河瀬宇乃

1994、'95、'96年/カラー&モノクロ/本編95分/日本語/英語字幕/日本/特典映像:93歳を迎えた“おばあちゃん”インタビュー/封入特典:解説リーフレット(金子裕子<公開時パンフレットより>)

DVDの内容紹介

『かたつもり』
1994年/カラー/40分/1995年山形国際ドキュメンタリー 映画祭奨励賞
『 につつまれて』から2年、河瀬直美は実の祖母ではないおばあちゃん(養母)と暮らす日々を フィルムに紡いでゆく。えんどう豆の発育を通して描かれた日常のあたたかさが見る者を魅了する。

『天、見たけ』1995年/カラー/10分
血のつながりを持たないおばあちゃん(養母)と、二人だけの関係で成り立っている“家族のようなもの”。そのおばあちゃんに、触れられるほどの至近距離から向けた八ミリカメラは、足元にある小さくも愛しいものたちを、溢れる想いでとらえていく。畑で収穫されるえんどう豆、イモ、トマト、満開のダリア、グツグツと煮え立つすき焼き……。ことばにならないけれど、そこにたしかにある――そんな想いを日常の一コマ一コマから切り取った、おばあちゃん三部作。

『陽は傾ぶき』1996年/カラー/45分
『かたつもり』『天、見たけ』に続き、祖母と自分自身をみつめた三部作的作品。河瀬のまなざしは、目の前にある愛しきものにしっかりと注がれている。
作現場を、河瀬が映像でとらえるというドキュメンタリー。緑の山並みが続く西吉野と、建物とひとが密集する東京の繁華街。田舎の高校生と、都会の高校生。被写体との対峙の仕方をめぐって映画監督と写真家の間に生まれた葛藤に、二人の創作姿勢が垣間見える。

「当時の私は忙しくて、家にいる時間はほとんどないという状況で、おばあちゃんともほとんど会話をしていなかった。でも、カメラを持つことで、おばあちゃんと会話することができたんです」  畑で収穫されるえんどう豆、イモ、トマト、満開のダリア、グツグツと煮え立つすき焼き…。ことばにならない、目には見えないかもしれないけれど、たしかにそこにある―そんな想いを時にユーモラスに、時に切実に日常の一コマ一コマから切り取った、おばあちゃん三部作。  家族とは何か、血縁とは何か。そんな根源的な問いを掘り下げることによって、普遍性を見出す演出力が高く評価され、『につつまれて』とともに海外に河直美の名前を知らしめた『かたつもり』は、劇映画『萌の朱雀』へと向かう契機となった作品でもある。

※ 上記、河は河と表記すべきところですが、システム上やむなく「河」と表記しています。

この商品に関連するキーワード
アート映像 アヴァンギャルド インディーズ 家族・親子 共生 実験映像 女性 短編集 ドキュメンタリー 歴史・記憶
関連商品・関連特集
このページのトップへ
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2019 image F Ltd. All Rights Reserved.