ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
ひなぎく
ひなぎく

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
お問い合わせ
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
DVD
追憶のダンス


追憶のダンス


追憶のダンス

追憶のダンス

河瀬直美
メールNEWS メールNEWS登録twitterhatenaYahoo!ブックマークに登録fc2
販売終了 3,800円(税抜)/獲得ポイント:123/発送日数:5日以内/商品番号:1133
 
ショッピングカートに入れる
送料・お届け等についてはこちら
ポイントシステムについてはこちら
プレゼント包装
購入商品に続けてを「プレゼント包装」を「ショッピングカートに入れる」ことで、
購入商品がプレゼント包装されます。
『カメラ毎日』の最後の編集長を務め、荒木経惟や森山大道らと同時代を走ってきた写真評論家・西井一夫の最期までを真摯に対峙し、看取った河瀬直美によるドキュメンタリー作品。

監督・撮影:河瀬直美/編集:安楽正太郎/出演:西井一夫、西井千鶴子

2002年/カラー(一部モノクロ)/本編65分+特典映像/日本語/英語字幕/日本/特典映像:河瀬直美インタビュー/封入特典:解説リーフレット(「西井一夫という総体」福島泰樹、「西井さんへ」河瀬直美)/マルセイユ国際ドキュメンタリー映画祭コンペティション部門、ロッテルダム国際映画祭、Infinity Film Festival、二ヨン国際ドキュメンタリー映画祭、台北国際ドキュメンタリー映画祭、ほか多数出品

DVDの内容紹介

僕たちは常に「魂」と共にある。 
『追臆のダンス』は「命」ある映画であり、そんな存在理由のある映画に敬意を表したい──ルチアーノ・リゴリーニ

『カメラ毎日』の最後の編集長を務め、荒木経惟や森山大道らと同時代を走ってきた、写真評論家・西井一夫。2001年秋、西井から河瀬直美のもとに一本の電話が入る。 
「あ、わたしだけど、あと長くて2ヶ月しか生きられないんだ。俺の最期を撮ってくれないか?頼んだぞ、河瀬」 
面と向かって話したことなどたった二度しかなかった人からの、突然の、思いもよらぬ依頼。戸惑いながらも、“なぜ私なのか”を確かめようとホスピスを訪れた彼女に、西井はひとこと返す。「そんなの直感だよ」。翌日から、西井の入院するホスピスに通い、カメラを回す日々が始まった。「正直、西井さんが亡くなることを考えながら、撮影はしていなかった。毎日、やっていたのはその時間その時間、ただ西井さんと向き合う、ということだけ。でも、この作品を上映するたびに、そこに西井さんがいるような感覚になります」
確実に近づきつつある最期の時を前に、撮る者と撮られる者が、真摯に向き合うなかで交わされたことば。その積み重ねが残した記憶の物語。

※ 上記、河は河と表記すべきところですが、システム上やむなく「河」と表記しています。

この商品に関連するキーワード
アート映像 アヴァンギャルド インディーズ 共生 実験映像 写真 女性 生と死 ドキュメンタリー 歴史・記憶
関連商品・関連特集
このページのトップへ
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2017 image F Ltd. All Rights Reserved.