ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
ひなぎく
ひなぎく

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
DVD
沖縄 うりずんの雨 DVD&BOOK

沖縄 うりずんの雨 DVD&BOOK

沖縄 うりずんの雨 DVD&BOOK

沖縄 うりずんの雨 DVD&BOOK

沖縄 うりずんの雨 DVD&BOOK

沖縄 うりずんの雨 DVD&BOOK

沖縄 うりずんの雨 DVD&BOOK

「沖縄 うりずんの雨 DVD&BOOK」予告篇
劇場予告篇


沖縄 うりずんの雨

DVD & BOOK
メールNEWS メールNEWS登録   imageF twitter  
ライブラリ商品20,000円(税抜)/発送日数:5日以内/商品番号:1639
送料・お届け等についてはこちら
ポイントシステムについてはこちら
私たちは沖縄のことを、どれくらい知っているのだろう?
うりずんの  雨は血の雨  涙雨  礎の魂  呼び起こす雨

監督:ジャン・ユンカーマン/企画・製作:山上徹二郎/製作:前澤哲爾、前澤眞理子/撮影:加藤孝信、東谷麗奈/整音:若林大記/音楽:小室等/出演:大田昌秀、知花昌一、石川真生、ダグラス・ラミス、モートン・ハルペリン、他

2015年/本編148分+特典映像2分/カラー/日本語/視聴覚障害者用日本語音声ガイド付き、視覚障害者用日本語字幕ガイド付き/日本/書籍(本文206ページ、シナリオ採録・座談会・年表・寄稿 他収録)

毎日映画コンクール ドキュメンタリー映画賞、キネマ旬報 文化映画ベスト・テン 第1位

DVDの内容紹介

1945年4月1日、アメリカ軍が沖縄本島に上陸、12週間に及ぶ沖縄地上戦では4人に一人の住民が亡くなりました。本作では、当時同じ戦場で向き合った元米兵、元日本兵、そして沖縄住民に取材を重ね、米国立公文書館所蔵の米軍による記録映像を交えて、沖縄戦の実情に迫ります。
また、戦後のアメリカ占領期から今日に至るまで、米軍基地をめぐる負担を日米双方から押し付けられてきた、沖縄の差別と抑圧の歴史を描き、現在の辺野古への基地移設問題に繋がる、沖縄の人たちの深い失望と怒りの根っこを浮かび上がらせます。
「老人と海」で与那国島の荒々しくも美しい自然と風土を捉え、「映画日本国憲法」で日本の平和憲法の意義を訴えた、アメリカ人映画監督 ジャン・ユンカーマンが、真の平和を求め、不屈の戦いを続けている沖縄の人々の尊厳を描いた渾身のドキュメンタリー。

「うりずん」は、潤い初め(うるおいぞめ)が語源とされ、冬が終わって大地が潤い、草木が芽吹く3月頃から、沖縄が梅雨に入る5月くらいまでの時期を指す言葉。
4月1日から始まった沖縄地上戦がうりずんの季節に重なり、戦後70年たった現在も、この時期になると当時の記憶が甦り、体調を崩す人たちがいることから、沖縄を語る視点のひとつとして、本作のタイトルを『沖縄 うりずんの雨』とした。

ストーリー
<第1部 沖縄戦>凄惨を極めた沖縄の地上戦で対峙し、生き残った元米兵と元日本兵。さらに、現地徴用され、戦闘に駆り出された沖縄の人々の証言と新たに発掘した米軍撮影の資料映像を重層的に構成し、70年前の沖縄戦の実像に迫る。<第2部 占領>1945年 6月 23日の組織的戦闘の終結を待たず、4月1日の沖縄本島上陸直後から始まっていた米軍による差別的な沖縄占領政策の実態と米軍基地建設。そして、占領下での沖縄の人々の平和を求める反基地闘争を中心に追う。<第3部 凌辱>読谷村でのチビチリガマ集団自決“集団強制死”に関する証言。米軍基地の存在によってもたらされる沖縄の女性たちに対する性暴力の実態を、被害者側だけでなく、加害者である元米兵まで、双方への取材を通して明らかにする。さらに、基地周辺の住民に対する被害だけでなく、米軍内でも女性兵士たちが同僚の男性兵士から性的被害を受けている実態が、アメリカでの取材から見えてくる。<第4部 明日へ>最終章では、辺野古への新たな米軍基地建設を巡る日本政府の強引な対応と、沖縄への差別的な扱いを許している私たちの無関心に対して、沖縄の人たちの深い失望と怒りが語られる。

監督の言葉
想像もつかないほどの戦争体験をした沖縄の人々は、一貫して戦争を拒絶してきました。米軍も沖縄戦では同じ血を流しました。しかし米軍は沖縄を「戦利品」として扱い、膨大な基地を建設。それらを拠点として、朝鮮、ベトナム、中東で戦争を続けてきました。平和を求める沖縄の文化と、戦争を選ぶアメリカの文化――。対極にある二つの文化が、狭い島に共存せざるを得なくなったのです。
米軍基地を撤廃するための戦いは今後も長く続くでしょう。沖縄の人々はけっしてあきらめないでしょう。しかし、沖縄を「戦利品」としての運命から解放する責任を負っているのは、沖縄の人々ではありません。アメリカの市民、そして日本の市民です。その責任をどう負っていくのか、問われているのは私たちなのです。 ───ジャン・ユンカーマン

この商品に関連するキーワード

インタビュー 沖縄 共生 グローバリズム 書籍 第二次世界大戦 ドキュメンタリー 平和・戦争 歴史・記憶

関連商品・関連特集
このページのトップへ
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2018 image F Ltd. All Rights Reserved.