ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
ひなぎく
ひなぎく

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
DVD
Dada Cinema


Dada Cinema
『リズム21』


Dada Cinema
『対角線交響曲』


Dada Cinema
『理性への回帰』


Dada Cinema
『幕間』


Dada Cinema
『バレエ・メカニック』


Dada Cinema
『フィルム・スタディ』


Dada Cinema
『エマク・バキア』


Dada Cinema
『午前の幽霊』

紹介動画

ダダ・シネマ:Dada Cinema

(輸入版/DVD/PAL)
メールNEWS メールNEWS登録   imageF twitter

3,500円(税抜) /獲得ポイント:113ポイント/発送日数:2日以内/商品番号:1698    ライブラリ商品学校・図書館などでご利用いただける商品はメールでお問い合わせください。

ショッピングカートに入れる
送料・お届け等についてはこちら
ポイントシステムについてはこちら
1920年代に勃興した貴重なダダ映画の代表的8作品。
現在見ることのできる最良の画質、音質で、特にマン・レイの2作品はポンピドー・センターによって修復された。
『バレエ・メカニック』は一部着色によるカラー版。

収録作品:『リズム21』(1921)、『対角線交響曲』(1921)、『理性への回帰』(1923)、『幕間』(1924)、『バレエ・メカニック』(1924)、『フィルム・スタディ』(1926)、『エマク・バキア』(1926)、『午前の幽霊』(1927)

監督:ハンス・リヒター、ヴィキング・エッゲリング、マン・レイ、ルネ・クレール、フランシス・ピカビア、フェルナン・レジェ、ダドリー・マーフィー

1921〜1927年/本編73分/モノクロ/フランス、ドイツ/2005年/リージョンフリー/PAL ※パソコンでの視聴は問題ありませんが、NTSCのDVD再生機、TVではご覧いただけません。
フィリップ・アラン=ミショーとハンス・リヒターによる「ダダ」に関する論考を含む、フランス語と英語による36ページの解説書付/日本語、日本語字幕はありません

DVDの内容紹介

作品紹介
『リズム21』
監督:ハンス・リヒター/1921年/3分30秒/35mm/モノクロ/サイレント/ドイツ
ダダの画家であったリヒターによる白と黒の四角の拡大縮小によって描いた抽象映画。絵画にはない時間の要素をリズムと考えたシリーズの最初の作品。

『対角線交響曲』
監督:ヴィキング・エッゲリング/1921年/7分/35mm/モノクロ/サイレント/ドイツ
ダダイズムの画家だったエッゲリングは直線や曲線などによる抽象的要素で、絵画にない時間的な要素を使い、交響曲という音楽を表現しようとした実験的な作品。

『理性への回帰』
監督:マン・レイ/1923年/2分/35mm/モノクロ/サイレント/フランス
レイヨグラムの手法をフィルムに適用し、釘や画鋲、塩や胡椒などをカメラを使用せず直にフィルムに振りかけたりして焼き付けたイメージのコラージュで、最後にかろうじて具象的なイメージとして、女性の裸体が映される。

『幕間』
監督:ルネ・クレール、フランシス・ピカビア/音楽:エリック・サティ/出演:ジャン・ボルラン、インゲ・フリス、マン・レイ、エリック・サティ、フランシス・ピカビア、マルセル・デュシャン/1924年/20分/35mm/モノクロ/サウンド/フランス
『幕間』というのは、そのタイトルが示しているとおり、あるスウェーデンのバレエの幕間に映写されるものでした。私が出たのは、ピカビアとサティの『休演』の場面です。上映は一回しかなされませんでした。私は付髭と葡萄の葉で、裸のアダムに扮しました。イヴをやったのはブローニャというロシアの若い女性で、彼女もやはり全裸でした。ルネ・クレールは上の方の屋根組にいて、私たちに照明をあてていました。そしてそこから彼女に恋をしてしまったのです。彼らは数ヶ月後に結婚しました。私はマッチメーカー、ほらあの結婚の仲人役をつとめたのです!『幕間』にはシャンゼリゼの屋根の上で、私がマン・レイとチェスを指す場面があります。そこにピカビアが水まきホースを持ってやってきて、すべてを洗い流してしまうのです。ひじょうにダダ的でした。そうでしょう。──マルセル・デュシャン

『バレエ・メカニック』
監督:フェルナン・レジェ、ダドリー・マーフィー/出演:アリス・プラン(モンパルナスのキキ)/1924年/14分/35mm/モノクロ、一部カラー着色/サウンド/フランス
キュビズムの画家レジェによるイメージの見事なコラージュ作品。機械の動きや女性の顔などが素早い動きで繰り返され、抽象的な図形のフリッカー的な効果も使われている。

『フィルム・スタディ』
監督:ハンス・リヒター /1926年/3分30秒/35mm/モノクロ/サウンド/ドイツ
眼球などの実写映像と抽象的な画像の組み合わせにより視覚的なリズムを探求した作品。

『エマク・バキア』
監督:マン・レイ/1926年/17分/35mm/モノクロ/サイレント/フランス
路上を走る車、砂浜での波などの屋外の風景も映されている。ストップモーションを用いての簡単なアニメーションなども試されている。

『午前の幽霊』
監督:ハンス・リヒター/1927年/6分/35mm/モノクロ/サウンド/ドイツ
宙を舞う帽子達、勝手に動き出すタイ、柱の後ろに消えてしまう人々…。時計が午前10時から正午を指すまでの幻想的でユーモラスなひととき。実写映像で逆回転や反復、モノクロ反転など映像の運動の実験を行っている。

この商品に関連するキーワード

アート映像 アヴァンギャルド 絵画 実験映像 シュールレアリズム  ストップモーション 短編集  美術館:美術館

関連商品・関連特集
Dada Cinema
天使 L'ange
このページのトップへ
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2018 image F Ltd. All Rights Reserved.