ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
ひなぎく
ひなぎく

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
お問い合わせ
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
INTERVIEW
2006.12.15 UP
講談の世界に新風を巻き起こし、女流講談師の存在を広く世間に知らしめた神田紅さん。
豊富なアイディアで、それまでにない独自の世界をつくりあげてきました。

女流が講談を救う?

いま、プロで活動している講談師は56人。そのうち約半分が女流です。そんなに女性がいるの? ってみなさん驚かれます。東京に、神田、宝井、小金井、一龍斎、田辺と五派あって、全部の流派に女流がいます。私がこの世界に入った頃(昭和54年)は、田辺つる路先生、宝井琴葉(現在の琴峯)先生、神田翠月先生、そのお三方だけでした。

当時、講談師は20数名だったんですよ。私の師匠の神田山陽は、「このままじゃ講談がなくなる」と、ものすごく危機感をもっておられた。ともかく芸を絶やさないためには、客を呼ばないといけない。それには女流を育てるしかないと、考えたんですね。

あれは講談じゃあない

そんなこと、当時の私はよくわかってませんから。いまから思えば、師匠はホントに好きにやらせてくれました。おかげで今の私があると思ってます。だって、入門してすぐの初舞台で、洋服を着てタップシューズを履いて「ミュージカル講談」をやったんですから。『へんぜるとぐれてる』という、放送作家の方の書いた脚本で。師匠はどんなものをやってもいいとおっしゃたんで、私はいい気なものでしたけど、講談界は大変な騒ぎになりましてね。あれは講談じゃあない、と。でもそういう騒ぎや非難の声を、師匠は私の耳には入れないようにしてくれてました。「次は何やるんだ?」なんてね。

修羅場はミラミミ♪ ミラミミ♪

私自身、講談のことは全く知らなかった。浪曲との区別もつかないくらいでしたね。女優だったんです。文学座付属の演劇研究所を出て、番衆プロダクションに所属して、市原悦子さんの付き人なんかもやってました。舞台をやってたときに、音楽家の方で山陽師匠と親しい方がいて「講談やってみない?」と誘われた。それがきかっけです。

講談には、「修羅場」「世話物」「怪談」という、三つの基本になる語り方があります。

なかでも修羅場は、戦の場面を語る時の調子で、基本中の基本。私もこの「修羅場」を最初に教わったんですが、師匠が話す修羅場のリズムを、「これは音階でいったらミラミミ♪ ミラミミ♪ ですね」なんてことを言ったもので、師匠は「いままでいろんな弟子がいたけど、こんなこと言ったのはいなかったね」と面白がって下さった。それで、どんなものでもやっていいと、言って下さったんじゃないかと思いますね。

続きは観てのお楽しみ

泉鏡花の『鬼の角』『高野聖』『滝の白糸』『旅僧』の四作品を、お芝居仕立てにした「芝居講談」とか、いろいろやりました。泉鏡花は昔から興味があって、声に出して読むとすごくリズムがあるんですよ。これは講談によさそうだなと思って。芝居講談なので、一人じゃなくて役者さんをお願いして、師匠のところに稽古に行ってもらって、講談の口調を覚えてもらった。演出家もついて。いいも悪いも、話題にはなりましたね。講談界に風雲児あらわる(笑)。ただねえ、これは衣装も照明も、音響効果も必要だし、生演奏入れたりしてたので、すごくお金がかかりました。

自分が出た映画の宣伝を兼ねた「シネ講談」というのも、やりましたね。今村昌平監督の『女衒』(1987年)という映画です。映画のさわりを上映しながら、私が弁士になって、映画の舞台になった時代背景とか歴史とか、周辺のことを解説して「あとは映画を観てのお楽しみ!」と。それで上映に先がけて全国まわったんですよ。そういう説明がないと、面白さが伝わりにくい映画だったんです。東宝にお願いして、それ用に映像を編集してもらって。よくやってくれましたよね。いい映画なんですけど、今村監督の映画で、唯一何も賞を取らなかった作品なんです(笑)。

マリリン・モンローのモノローグ

落語は「会話の芸」といわれていて、会話で進んでいく。一方の講談は「地語り」の芸。語りで進んでいくんですね。師匠がつくった『お冨の貞操』という話がありまして、これは原作が芥川龍之介。原作にはちゃんと地語りがあるんですけど、師匠の作品は主人公の男ではなく、女のほうを主役にしたモノローグ講談に仕立てた。それを聞いたとき、こういうやり方があるのか、と思いまして。それで自分でつくってみたのが『マリリン・モンロー』という演目です。モンローには興味があって、いろいろ資料を集めていくうちに、この人、どんどん資料が集まる。しかもいろんなインタビューに答えている。これを繋げただけでも、充分物語りになると思いました。しかも、虚言癖があるのかしらと思うくらい、そのときどきで言ってることが違う。そういうところも面白いと思ったんです。

オードリーはサングラスで

それでどうせやるなら私の場合、見た目もなりきりたい。着物着たまま金髪のカツラかぶって「私の名前はマリリン・モンロー……」と始まるわけです。

女優シリーズで次に考えたのが『オードリー・ヘップバーン』。ところがこちらは、全然インタビューに答えていない。たまに答えていても、すごく優等生な答えで、本音はしゃべっていない。それでモノローグは難しそうだったので、「オードリーおたくのおばさん」という設定の二人を登場させて、会話で進むものをつくりました。「ねえねえ、オードリーって、コンプレックスの固まりだったらしいわよ」「えーっ? どこがコンプレックスだっていうのよ」「いやそれがさあ・・・」という具合に。もちろんこのときも、モノローグではないけれどもオードリーに変装。『ティファニーで朝食を』のイメージで、着物に黒い大きなサングラスをかけてみました。

こういうアイディアは、書いてつくり始めると、どんどん出てくる。それはやはり女優をやってきたからだと思います。

書くということでいえば、源氏物語を講談調で現代語訳したこともあるのですが、これがやってみたら思いがけないことが起きたんです。

次号へ続く 2006.12.22 UP
( 2006年10月 上野にて TEXT:佐野由佳 PHOTO:杉本青子 )
INTERVIEW:神田紅 Part 1 / Part 2
Profile:
神田紅 かんだくれない

昭和27年福岡県生まれ。昭和47年早稲田大学商学部入学。48年文学座付属演劇研究所入所。49年同研究所卒業、番衆プロダクションに所属。女優として活動するなかで、54年講談師神田山陽師匠に入門。平成元年真打ち昇進。古典から新作まで、精力的に活動してきた芸道30年を記念して、現在DVDを製作中。女優時代から現在までの活動を網羅するという、ファン垂涎の作品集になる予定。

神田紅公式サイト:神田紅の世界
http://kandakurenai.com/

● 関連商品

神田紅のお宝映像
芸道30年記念 1974年〜2006年

神田陽子 講談生活30歳!
〜神田陽子 大独演会〜
このページのトップへ
過去のINTERVIEW一覧はこちら
バックナンバー
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2016 image F Ltd. All Rights Reserved.