ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
ジョーダン・ベルソン:5の基本的作品
ジョーダン・ベルソン:
5の基本的作品

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
DVD
エビの履歴書




車エビ


集約型養殖池


女性漁師


エビの買付け


粗放型養殖池とマングローブの回復



エビの履歴書

育てる人と食べる人
imageF twitter

8,800円(税込) /獲得ポイント:240ポイント/発送日数:4日以内/商品番号:0708  ライブラリ商品学校・図書館などでご利用いただける商品はメールでお問い合わせください。

ショッピングカートに入れる
送料・お届け等についてはこちら
ポイントシステムについてはこちら

日本人が毎日どこかで口にするエビ。
エビは、どんな環境で、どんな方法で、どんな暮らしをしている人びとによって育てられているのでしょうか。
インドネシア、中国、スリランカ、タイ、ベトナムのエビ生産現場で調べてみました。

制作:特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)/監修:村井吉敬/構成:鈴木敏明/撮影:鈴木隆史、ウプル・アマルシーハ、大野和興、佐伯奈津子、今成彩子、鈴木敏明/ナレーション:宇野淑子/音楽:鈴木美毅子

2004年/27分/カラー/日本語/日本

DVDの内容紹介

日本人が毎日どこかで口にするエビ。店頭では「天然」と「養殖」と表示されています。
『天然もの』といわれるエビには、海洋資源を根こそぎ穫りつくす大型トロール船による天然と、エンジンもない小さな木の船で自然環境にはほとんど負荷をかけないで穫るエビがあります。でも、市場ではどちらも『天然』です。
『養殖』はというと、水面で羽根車を回し水中に酸素を供給しなければならないほどの数のエビを池に入れ、人工飼料とビタミン剤で育てる集約型。
粗放型は、地形に少し手を加えることによって潮の干満を利用して水を正常に保ち、餌は自然界の有機物だけで育てる養殖方法。どちらも『養殖』として販売されています。
その『養殖エビ』のほとんどは輸入。輸入によってエビが身近な食べ物になったのですが…。しかし、私たちにはエビの育ち方を知る術はありません。
エビは、どんな環境で、どんな方法で、どんな暮らしをしている人びとによって育てられているのでしょうか。インドネシア、中国、スリランカ、タイ、ベトナムのエビ生産現場で調べてみました。

この商品に関連するキーワード
#インタビュー #海 #エコロジー #グローバリズム #魚:魚介類 #自然・環境 #食 #東南アジア #ドキュメンタリー #水
関連商品・関連特集
このページのトップへ
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2021 image F Ltd. All Rights Reserved.