ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
ジョーダン・ベルソン:5の基本的作品
ジョーダン・ベルソン:
5の基本的作品

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
DVD
水は誰のものか

水は誰のものか

水は誰のものか

imageF twitter

8,800円(税込) /獲得ポイント:240ポイント/発送日数:4日以内/商品番号:0780  ライブラリ商品学校・図書館などでご利用いただける商品はメールでお問い合わせください。

ショッピングカートに入れる
送料・お届け等についてはこちら
ポイントシステムについてはこちら

すべての人が生きていくための権利としての水、地球規模での「公共財」としての水のあり方を考えます。

制作:特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)/構成:鈴木敏明/撮影:飯沼佐代子、猿田由貴江、下島美紗、鈴木敏明、高見邦雄、津留歴子、長瀬理英、普川容子/編集:下島美紗、田中俊介/ナレーション:宇野淑子/音楽:松島美毅子/図表デザイン:菅原祥子、山口俊雄/調査:PARC水研究会/ジャケットデザイン:武川彦/協力:中村真珠/Third Eye Communications 2003

28分/カラー/日本語/日本

DVDの内容紹介

地球上のすべての生き物に必要不可欠な水。しかし人類が利用可能な淡水は、地球上の水のわずか0.01%に過ぎません。人口増加や経済開発に伴って、水の使用量は増加する一方で、異常気象や環境破壊、都市化の影響で水資源は急激に減りつづけています。蛇口をひねれば水が出るのがあたりまえと思っている日本の私たちですが、世界には安全な水を利用できない人びとが12億人もいます。さらに経済のグローバル化のなかで、企業による水の民営化・商品化の流れが進行しています。

水道事業の民営化に直面するマニラやジャカルタの都市住民たち、慢性的な水不足のせいで、わずか200リットルの水で1週間をしのぐ中国農村の家族、コカ・コーラ社による地下水汲み上げに対して立ち上がったインド・ケーララの人びと−。そして日本にいる私たちは、中国などから農産物や工業製品を輸入することで、間接的に水を大量に輸入しているのです。いったい水は誰のものなのでしょうか?

この商品に関連するキーワード
インタビュー グローバリズム 自然・環境  ドキュメンタリー  ロハス
関連商品・関連特集
このページのトップへ
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2021 image F Ltd. All Rights Reserved.