ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
ひなぎく
ひなぎく

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
DVD















配給会社サイトの
[予告篇]



ドッグ・デイズ

imageF twitter
4,700円(税抜) /獲得ポイント:141ポイント/発送日数:2日以内/商品番号:0055  ライブラリ商品学校・図書館などでご利用いただける商品はメールでお問い合わせください。
ショッピングカートに入れる
送料・お届け等についてはこちら
ポイントシステムについてはこちら
「愛」や「神」が死んだ世界──
そこで人々は暴力とセックスでつながるしかないのだろうか?
文明社会の最果てを見つめる問題作が、ついに登場!

監督:ウルリヒ・ザイドル/出演者:マリア・ホーフステッター、エーリヒ・フィンシェス、アルフレート・ムルヴァ/脚本:ウルリヒ・ザイドル、ヴェロニカ・フランツ/撮影:ヴォルフガング・ターラー

2001年/127分/カラー/オーストリア語/日本語字幕/オーストリア/特典映像:劇場オリジナル予告編/ヴェネチア国際映画祭審査員特別大賞/R18

DVDの内容紹介

●猛暑が人を狂わせる
おおいぬ座のシリウスが天頂に輝く1年中で最も暑い日々(ドッグ・デイズ)、人々はそれぞれの欲望を解き放つ・・・ウィーン郊外の新興住宅地に暮らす一見「普通」の人々の内側に潜む狂気があぶり出される。離婚後も同居する元夫婦。妻は秘密のセックス・クラブに通い、夫は空っぽのプールでスカッシュをし続ける。銃を突き付けられ、ズボンをおろされた男が、オーストリア国歌を歌わされる。頑固者の老人が、家政婦の老婆のストリップを鑑賞する。ヒッチハイクを繰り返し、不快なおしゃべりと歌で人をいらだたせる女には、残酷な仕置きが住民たちによって科せられる。愛を求める孤独な心は、やがて嫉妬と怒りを爆発させ、性と暴力への欲望をはらんで疾走する。

●映画の地獄を見つめる揺るがない視線
『Animal Love』(95)、『Models』(99)などのドキュメンタリーで評価を得てきたウルリヒ・ザイドル監督が、その方法論を活かして長編劇映画に初挑戦した本作は、2001年度ヴェネチア国際映画祭で大反響を巻き起こし、同映画祭審査員特別大賞を受賞した。カオスと狂気を描き出すことで知られるドイツの巨匠、ヴェルナー・ヘルツォークは「私はザイドルほどには地獄の部分を直視していない」と驚嘆。人間性を、その負の部分も含めて徹底的に描き出したこの群像劇に対して、海外での上映時、観客の意見は賞賛と否定のまっぷたつに分かれた。映画の内容の過激さゆえに日本公開は一時危ぶまれたが、その強力な賞賛の声に押されて、ついに問題作『ドッグ・デイズ』がその姿をあらわす。

●文化の都、ウィーンに生まれた変態的作品
ウィーン・フィル、ウィーン・オペラ、少年合唱団、壮麗なバロック建築…。オーストリアの首都ウィーンは古くからヨーロッパ文化の中心地として栄えてきた。しかし、反面その文化的な伝統が重くのしかかっている都市とも言える。それゆえか、ウィーンはそれまでの価値観に対抗し、それを覆す過激な表現を生みだしてきた地でもある。その斬新さのあまり生前殆ど理解されなかったモーツァルト、19世紀末-20世紀初頭のギュスタフ・クリムトやエゴン・シーレ、現代音楽の祖アーノルド・シェーンベルク、20世紀半ばには過激な身体パフォーマンスを含む前衛美術運動ウィーン・アクショニズムのアーティストたちもこの都市から輩出された。現代の映画界では、やはり革新的な切り口、賛否を巻き起こす作風で知られる巨匠、ミヒャエル・ハネケ監督(『ファニー・ゲーム』、『ピアニスト』)があげられるだろう。ザイドル監督の過激さや『ドッグ・デイズ』に描かれる人々の狂気の原点にはそうした背景がある。この作品からはヨーロッパの文化が行きつく最果てが見えてくるはずだ。

この商品に関連するキーワード

アート映像 アヴァンギャルド カルト映画 キッチュ 狂気 東欧・中欧 風景 暴力

このページのトップへ
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2020 image F Ltd. All Rights Reserved.