ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
ひなぎく
ひなぎく

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
DVD

『椅子/A Chair』1970

『まばたき/Blinking』1970

飯村隆彦 初期コンセプチュアル・ビデオ集

Takahiko iimura Early Conceptual Videos
  imageF twitter
10,000円(税抜)/獲得ポイント:300/発送日数:2日以内/商品番号:0502  ライブラリ商品学校・図書館などでご利用いただける商品はメールでお問い合わせください。  s
ショッピングカートに入れる
送料・お届け等についてはこちら
ポイントシステムについてはこちら
日本の初期ビデオアートの傑作

収録作品:
『椅子/A Chair』1970年/6分
『まばたき/Blinking』1970年/2分
『タイム・トンネル/Time Tunnel』1971年/抜粋5分
『男と女/Man and Woman』1971年/抜粋2分
『視覚的論理(と非論理)/Visual Logic (and Illogic)』1977年/抜粋8分

監督:飯村隆彦

DVDの内容紹介

日本のビデオアートのパイオニアの一人である飯村が、ニューヨークから1969年に東京に戻って初めてビデオ制作した初期のコンセプチュアルなビデオアート集。1960年代初期から始めた実験映画の方法をビデオアートに結合して、知覚における実験を試みた「椅子」(1970)と「まばたき」(1970)。「タイム・トンネル」(1971)は、非常にコンセプチュアルなタイム・トラベルの試みである。
「男と女」(1971)は、男と女の裸の全身を真上から撮影した静止したイメージで見せる。彼らは一人で、あるいは一人が他方の上(下)に重なり、同時にその位置が言葉で記号化される。
「視覚的論理(と非論理)」(1977)は、記号の視覚的論理(と非論理)をパンやズームのカメらの制限された運動と結合して示す。
これらの初期のビデオは、当時、ほとんど他のどのビデオ・アーティストも試みなかった固有な「コンセプチュアル・ビデオ」の大変早い実験を意味する。さらに飯村のビデオアートのその後の発展を解く重要なコレクションでもある。(作品の多くは抜粋されたもの)

この商品に関連するキーワード
アート映像 アヴァンギャルド 現代美術 実験映像 短編集 70年代
このページのトップへ
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2020 image F Ltd. All Rights Reserved.