ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
ひなぎく
ひなぎく

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
DVD
青年団「ソウル市民三部作BOX」


青年団「ソウル市民三部作BOX」

  imageF twitter
14,400円(税抜)/獲得ポイント:432ポイント/発送日数:1週間以内/商品番号:1396
ショッピングカートに入れる
送料・お届け等についてはこちら
ポイントシステムについてはこちら
平田オリザ率いる劇団・青年団の演目「ソウル市民」3部作を収めた3枚組BOX。
ソウルで文房具店を営む篠崎家の面々の日常を通し、1900年代初期の朝鮮半島の姿を淡々と綴っていく。出演は「THE3名様」シリーズの志賀廣太郎ほか。

作・演出:平田オリザ/35回公演出演:青年団(志賀廣太郎、山村崇子、山内健司、松井周、辻美奈子、望月志津子、坂本和彦、兵藤久美、山田秀香、安田まり子、川隈奈保子、大塚洋、安部聡子、太田宏、木崎友紀子、足立誠、田村みずほ、神原直美)/38回公演出演:青年団(山内健司、天明留美子、辻美奈子、大塚洋、和田江理子、松井周、足立誠、永井秀樹、太田宏、山村崇子、高橋縁、申瑞季、平田陽子、志賀廣太郎、松田弘子、たむらみずほ、島田曜蔵、秋山健一、月村丹生、木崎有紀子、角舘玲奈)/52回公演出演:青年団(志賀廣太郎、山村崇子、山内健司、松井周、辻美奈子、望月志津子、坂本和彦、兵藤久美、山田秀香、安田まり子、川隈奈保子、大塚洋、安部聡子、太田宏、木崎友紀子、足立誠、田村みずほ、神原直美)

1999,2000,2007年/本編334分/3枚組/日本語/日本語、英語、韓国語、フランス語語字幕/日本/封入特典:各巻リーフレット(採録シナリオ)

DVDの内容紹介

1999年、青年団第35回公演「ソウル市民」
1909年、夏。日本による朝鮮半島の植民地化、いわゆる「韓国併合」を翌年に控えたソウル(当時の現地名は漢城)で文房具店を経営する篠崎家の一日が淡々と描かれる。日本から後妻に入り、いつまでも生活になじめない母。自分が何がやりたいのかわからない長男。文学に青春の情熱を燃やす長女。日がな一日、何をやっているのか分からない書生。とりとめのない話を延々と続ける女中たち。そんな篠崎家に様々な客人が現れる。

2000年、青年団第38回公演「ソウル市民1919」
1919年3月1日、ソウル(当時の呼び名は京城)。篠崎家の人々は、今日も平凡な一日を過ごしている。ただ、今日は少しだけ外が騒がしい。噂では、朝鮮人たちが通りにあふれているという。おりしも相撲興行の一行が到着し、応接間は賑わいを見せる。オルガン練習に興じる娘たち。米増産の標語に頭をひねる書生たち。しかし、その間にも少しずつ、この家から朝鮮人が姿を消していく。

2007年、青年団第52回公演「ソウル市民 昭和望郷編」
1929年10月24日、ソウル(当時の呼び名は京城)。篠崎文房具店にも大衆消費社会の波が押し寄せ、新しい経営感覚が求められていた。この家の長女に求婚したアメリカ帰りの新進経営者。精神を病んで入退院を繰り返している長男。総督府に勤めながら朝鮮人エリートとして植民地支配への協力に悩む書生。通り過ぎる謎の若き芸術家集団。つかの間の饗宴を楽しむような、一群の若者たち姿を鋭く描いた、ソウル市民三部作の完結編。

この商品に関連するキーワード
演劇 韓国・朝鮮 小劇場 平和・戦争 歴史・記憶 BOX
関連商品・関連特集
このページのトップへ
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2020 image F Ltd. All Rights Reserved.