ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
ひなぎく
ひなぎく

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
DVD
こつなぎ 山を巡る百年物語


こつなぎ 山を巡る百年物語

こつなぎ 山を巡る百年物語

こつなぎ 山を巡る百年物語

こつなぎ 山を巡る百年物語

こつなぎ 山を巡る百年物語

こつなぎ 山を巡る百年物語

imageF twitter  
ライブラリ商品 ※この商品はライブラリ商品のみとなります。 50,000円(税抜)/発送日数:5日以内/商品番号:1563
ショッピングカートに入れる
送料・お届け等についてはこちら
ポイントシステムについてはこちら

土が自然にできているし、山でも川でも地球の一部分でしかないでしょ。
これが誰のものというのは変なんですよ。
我々は地球の子どもなんだから。
人間をどうする、生かすも殺すも、それを自由にできるのは、この自然しかないでしょ。
地球があって、始めて我々が生きているわけだから──山本清三郎(小繋裁判原告のひとり/映画より)

監督:中村一夫/撮影:前島典彦/語り:すまけい/制作/(株)周/記録資料撮影:菊地周/スティル撮影:川島浩/インタビュー録音:篠崎五六/企画制作:菊地文代 

2010年/本編120分/カラー/日本語/日本 ※日本上映権付(学校・公共利用に限る)

DVDの内容紹介

小繋事件─入会権裁判
岩手県二戸郡一戸町小繋地域の住民は、江戸時代から慣習的に小繋山への入会により生計を立てていた。山の木々を伐採し、木の実や山菜を摘み食料としていたのである。入会は日本各地で行われていた慣習で、ヨーロッパ社会でも<コモンズ>として広く行われている。ところが、別掲年表にもあるように、明治の地租改正で土地の私的所有の考え方が日本に取り入れられた。つまり、もともと所有権者の存在しなかった山に、所有権者を定めた明治政府の施策により、山の所有者=地主が生まれたのである。小繋山にも地主は生まれていた。そして、当初の地主との間では慣習=入会は可能だったが、地券の転売により生まれた新たな地主が入会を否定したことで、60年続く小繋事件は始まったのである。

完成までに50年間(1960年〜2009年)
「こつなぎ─山を巡る百年物語」は1960年(昭和35年)に撮影開始、50年後の2009年(平成21年)に完成。大正時代に始まる岩手県二戸郡一戸町小繋地域の、入会権裁判の記録と、現在の暮らしを柱に展開する本作は、地域で生きていくための権利を求める闘いを通して、東北農民の暮らしをつぶさにとらえ、大正から平成に至る日本の軌跡をあぶりだす。そして裁判の記録から大きく飛躍して、これからの農業の姿や社会のあり方を示唆し、人と自然の共存や、生活するということへの根源的問いを投げかけて寄越す

この商品に関連するキーワード

インタビュー エコロジー 家族・親子共生 自然・環境 スローライフ 地域・地方 ドキュメンタリー 森・緑

関連商品・関連特集
このページのトップへ
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2020 image F Ltd. All Rights Reserved.