ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
ジョーダン・ベルソン:5の基本的作品
ジョーダン・ベルソン:
5の基本的作品

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
DVD
原発、ほんまかいな?





ハード・レイン

パンドラの箱から降り注ぐ放射能
twitter
5,500円(税込)/獲得ポイント:150ポイント/発送日数:5日以内/商品番号:1519  ライブラリ商品学校・図書館などでご利用いただける商品はメールでお問い合わせください。  
ショッピングカートに入れる
送料・お届け等についてはこちら
ポイントシステムについてはこちら
今こそ原発を止めるために。 核の真実を伝える渾身のドキュメンタリー。
その箱を開けては行けない─。原子力がもたらす、恐るべき汚染と危険。

2007年/79分/カラー/英語/日本語字幕/オーストラリア

監督:デビッド・ブラッドベリ/制作:フロントライン・フィルムズ

DVDの内容紹介

オーストラリアで、「温暖化対策」として原発の新設が検討され始めた。「チェルノブイリからはもう何十年も経っている。先入観に縛られず、議論を進めよう」と政治家たちが喧伝する中、「本当の情報」を求めて、監督デビッド・ブラッドベリは、ふるさとオーストラリアをはじめ、フランス、イギリス、中国、日本(広島・福井)の5カ国をめぐる旅に出た。 オーストラリア、カカドゥ国立公園の美しい自然や、アボリジニーの聖地を切り開いて作られたウラン鉱山は、大量の水と電気を使用し、大量の二酸化炭素を排出していた。残土や鉱さい、鉱床からの放射能汚染はさらに深刻で、近隣の先住民族の暮らしや労働者を脅かしていた。 日本やフランスなど、原発を抱える地には、事故や地震、温排水による川の水質悪化などへの不安を語る人びとがいた。イギリスの再処理工場では、大規模な放射能漏れが発生、がんや白血病が増えていた――。行く先々で語られる、『安全』でも、『安価』でも、『エコ』でもない原子力の姿。そこには、核の軍事利用との関係も見え隠れする。 放射能の害は誰でも知ってるはずなのに、それでもなお私たちは原子力を使い続けるのか――? 福島をはじめとして、日本の原発でも使われてきたオーストラリア産ウラン。その産出現場やウラン鉱山をめぐる圧巻の映像と情報量。 巨匠ブラッドベリが放つ、渾身のドキュメンタリー

この商品に関連するキーワード

核・原発・福島 共生 自然・環境 ドキュメンタリー

関連商品・関連特集
このページのトップへ
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2021 image F Ltd. All Rights Reserved.