ONLINE SELECT SHOP image F

言葉から商品を選ぶ
フリーワード検索
Google
imageF.jp を検索
WWW を検索
キーワードで選ぶ
キーワード一覧
今月のキーワード
ジャンルで商品を選ぶ
 
TOPセールス
ひなぎく
ひなぎく

SPECIAL
SPECIAL
ライブラリー
INTERVIEW
INTERVIEW
ライブラリー
図書館・学校・美術館向け ライブラリ商品

HOME はじめての方へ 購入方法 ポイントシステム お問い合わせ マイページ ショッピングカートを見る
DVD
ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳─



ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳

ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳

ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳

ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳

ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳

紹介動画

ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳

imageF twitter  
4,300円(税抜)/獲得ポイント:129/発送日数:営業日4日以内/商品番号:1635ライブラリ商品学校・図書館などでご利用いただける商品はメールでお問い合わせください。
ショッピングカートに入れる
送料・お届け等についてはこちら
ポイントシステムについてはこちら
ピカドン、三里塚闘争、安保、東大安田講堂、祝島、ウーマンリブ、そしてフクシマ。
66年間「本当のニッポン」を写し続けてきた「伝説」の写真家・福島菊次郎の軌跡に迫ったドキュメンタリー。

監督:長谷川三郎/出演:福島菊次郎/朗読:大杉漣/撮影:山崎裕/編集:吉岡雅春/録音:富野舞/製作:橋本佳子、山崎裕

2012年/カラー/本編114分/日本語/日本
第86回キネマ旬報ベスト・テン文化映画第1位、第67回 毎日映画コンクール ドキュメンタリー映画賞、2012年日本映画ペンクラブ文化映画ベスト1

DVDの内容紹介

「問題自体が法を犯したものであれば、報道カメラマンは法を犯してもかまない…
ジャーナリスト界で「伝説」と語り継がれる報道写真家・福島菊次郎、90歳。
そのキャリアは敗戦直後、ヒロシマでの撮影に始まり66年になる。ピカドン、三里塚闘争、安保、東大安田講堂、水俣、ウーマンリブ、祝島――。
レンズを向けてきたのは激動の戦後・日本。真実を伝えるためには手段を選ばない。防衛庁を欺き、自衛隊と軍需産業内部に潜入取材して隠し撮り。その写真を発表後、暴漢に襲われ家を放火される。
それでもシャッターを切り続けた指はカメラの形に沿うように湾曲している。並々ならぬ執念、攻撃性を帯びた取材で生まれたのは、苦しみに悶える、ある一家の主、機動隊に槍を向け怒りを叫ぶ若者、不気味な兵器を前に笑顔を輝かせる男たちの姿だ。25万枚以上の、圧倒的な真実から我々は、権力に隠された「嘘っぱちの嘘っぱち」の日本を知ることになる。
冷静に時代を見つめ、この国に投げかけ続けた「疑問」を、今を生きる我々日本人に「遺言」として伝えはじめた時、東日本大震災が発生。福島第一原発事故を受け、菊次郎は真実を求め最後の現場に向かうのだった・・・。ヒロシマからフクシマへ。権力と戦い続けた老いた写真家は、今ここで「日本の伝説」となる。

この姿こそ真の反骨であろう
6,000点もの写真を発表し一線で活躍する最中、菊次郎は保守化する日本に絶望し、無人島に渡る。胃がんを患いその生活を諦めるまで自給自足で生活した。「この国を攻撃しながら、この国から保護を受けることは出来ない」と年金は拒否。子からの援助も断り、自らの原稿料だけで生計を立てている。
現在は相棒犬ロクとの気ままな二人暮らし。散歩がてらスーパーに買い物に行き、手際よく夕飯をこしらえ、エンジンふかしたバイクを転がし、補聴器の注文へ。銀々と、穏やかに日々の生活を送る。一見すると、そこに居るのは一人の老人。
しかし、いざカメラを構えた瞬間、鋭く獲物をう“報道写真家・福島菊次郎”が姿を見せる。満身創痍、37キロの痩せた体で地面に這いつくばり、強風に煽られながら、それでも被写体を捉えようとするその姿は、一切の妥協を許さず、貫き通された福島菊次郎の信念の姿そのものである。

福島菊次郎(フクシマキクジロウ)1921年山口県下松市生まれ。1946年より、郷里で時計店を営む一方、被爆地・広島で被爆者の撮影を始める。1952年、原爆症に苦しむ中村杉松さん一家と出会い、以降10年間に渡り中村一家の苦闘と崩壊の軌跡を克明に撮影し、「ピカドン ある原爆被災者の記録」を発表。そのリアリズムが高く評価され、1960年、日本写真批評家賞特別賞を受賞。受賞を機に上京、プロ写真家として活動を開始する。以降、ライフワークとなる被爆者の撮影を続ける一方、安保、学生運動、三里塚闘争、公害、自衛隊、原発など多岐にわたるテーマを精力的に取材する。「文藝春秋」「中央公論」など月刊総合誌を中心に、年間150ページ以上を発表するなど、フォトジャーナリズムの第一線で活躍。刊行した写真集は12冊に上る。
1982年、保守化する日本、自主規制を強めるメディアに絶望し、カメラマン生活と決別、瀬戸内海の無人島で自給自足の生活を始める。
1988年胃がんを患い、自給自足生活を断念。入院中に昭和天皇の下血報道を目にして強制退院、自らの写真をパネルに焼き、「戦争責任展」と銘打ち、日本全国で600回以上の写真展を開催。2000年より、写真では伝えられなかったことを文章で補う「写らなかった戦後」シリーズの執筆を始める。
2003年「写らなかった戦後 ヒロシマの嘘」(現代人文社)刊行。
2005年「写らなかった戦後2 菊次郎の海」(現代人文社)刊行。
2010年「写らなかった戦後3 殺すな、殺されるな」(現代人文社)刊行。

この商品に関連するキーワード
アーティスト インタビュー エイジング・老い 核・原発・福島 共生 自衛隊 自然・環境 写真 生と死 精神:魂 第二次世界大戦 ドキュメンタリー 広島・長崎 平和・戦争 暴力 歴史・記憶 朗読:語り 60年代
関連商品・関連特集
このページのトップへ
通信販売の法規に基づく表示 個人情報の扱い 会社案内 プレスリリース メーカーの方へ 図書館・学校・美術館の方へ
Copyright (c) 2006-2020 image F Ltd. All Rights Reserved.